【チーズ】ブッラータとストラッチャテッラ
美味しい食べ方は?どこで買えるの?

食材

今回はイタリアのチーズについて。

トロトロ、クリーミーな食感で人気急上昇中のフレッシュチーズを2つ紹介します。

①ストラッチャテッラ(Stracciatella)

②ブッラータ(Burrata)

イタリアのかかとにあたるプーリア州で生まれたチーズ。

実はどちらも元は同じ、モッツァレラチーズから作られています。

できたてのモッツァレラチーズの生地はお餅のように柔らかで、通常はこれを手でちぎって丸く整形したものが売られています。
この時に生地のかけらが余ってしまうため、どうにか有効活用できないか?と考え出されたのがブッラータストラッチャテッラなんです。

それでは具体的にどんなチーズか解説していきます。

【ストラッチャテッラ】とはこんなチーズ

■語源
stracciatoストラッチャート(引き裂いた・ボロボロになった)」という見た目を表す言葉から

■作り方
モッツァレラの生地を引きさくようにして、食べやすいように細かくします。

これに生クリームを混ぜあわせると、トロトロのストラッチャテッラチーズのできあがり。

「ストラッチャテッラ」は細切れの見た目を意味するため、イタリアではかき卵のスープや、チョコチップのジェラートも同じ名前で呼ばれます。

▼イタリアではどちらもstracciatellaストラッチャテッラ

【ブッラータ】とはこんなチーズ

■語源
Burrataブッラータ「バターのような」という意味。
イタリア語でバターはBurro(ブッロ)と言います。

■作り方
できたてのまだ柔らかいモッツァレッラを巾着袋のように成型し、中にストラッチャテッラチーズを詰め込んで口を閉じれば完成です。

▼プーリア州のブッラータチーズを作る動画▼
1:15あたりでストラッチャテッラ完成。生地が伸びるのは熱いお湯の中で作業をしているから。

La burrata

美味しい食べ方

より美味しく食べるためのポイントは「温度」です。

冷蔵庫から出して30分ほど常温に戻してから召し上がってみてください。
チーズは冷えると固くなってしまうので、よりトローりとした食感が楽しめます!

シンプルに塩・胡椒・オリーブオイルさえあれば充分美味しいですが、トマトやバジル、生ハムを添えれば簡単豪華な前菜に。

また、フルーツの甘さともよく合うので桃・イチゴ等の季節の果物もオススメです。


現地プーリア州ではチーズ屋さんで作りたてのモッツァレラやブッラータを買えるので、冷蔵庫には入れずにそのまま食べなさい!と教わりました。

どこで買える?

最近はスーパーでもよく見かけます。

手に入らなければamazon楽天などでも手軽に購入可能です。
個人的にはオススメなのは、イタリア産でなく北海道の花畑牧場で作られているもの。

安定した品質&価格もお手頃なので十分満足できますよ。

一度お近くで探してみてはいかがでしょうか。


冷凍品も出回っていますが、やはり美味しいのは冷蔵品。

賞味期限は1周間ほどと短いですが、よりトロトロ・クリーミーなフレッシュ感を楽しめます!

チーズ好きにはたまらない美味しさなので、興味があればぜひ試してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました